豚の貯金箱を割った感想

豚の貯金箱の中でも昔ながらのタイプは、
取り出すためのふたがない陶器製です。

このため取り出す時には、
新聞紙を引いた上で、
金槌などで叩いて割らなければなりません。

 

豚の貯金箱を割った感想

この貯金箱を割った感想を探してみると、
かわいそうでなかなか割ることができなかったという感想や、
うっかり落として割ってしまってショックだったという感想を多く目にします。

中には割るのがかわいそうで、
逆さまにして貯金する口から、
小銭を出したという人もいました。

このように貯金したのはいいものの、
いざ取り出す時にかわいそうで、
なかなか割ることができない人が多い要因としては、
豚の貯金箱のかわいらしい容姿があげられるでしょう。

昔ながらの豚の貯金箱は丸いコロッとしたフォルムに、
丸く大きい目をしていて、
胴体には花柄がつけられているものが一般的です。

色もピンクやブルーなどの、
かわいらしい色合いをしているので、
割るのを躊躇してしまう人が多いのではないでしょうか。

現在ではお腹にふたがついて、
何度でも使える豚の貯金箱が多くなっているので、
以前は1度しか使えなかった豚の貯金箱とも、
長く付き合っていけるようになっています。

ただし、ふたがついていると、
貯金の途中でつい小銭を取り出す誘惑に負けてしまいます。

ここは、かわいそうな気持ちを押し殺し、
コツコツと取り出せない貯金箱でしっかり貯金するのが、
我々日本人にはあっていると思われます。