転職は大切、でも理由が重要転職には2種類あります。
逃げの転職と、ステップアップの転職です。

逃げとは「今の職場の○○が不満」という理由で移るもの。
残業が多いとか、給料が安いとか、上司がいやな人だとか。
世の中には完璧にアナタの希望100%合う職場はありません。

転職の動機は「不満」か「向上心」なのか?

逃げの転職では、きっと次の職場に行っても、やはり不満があり、また転職します。
そんな転職は職が変わるごとに、給料も待遇も下がります。

一方、ステップアップの転職は前向きです。
「この会社ならやりたい仕事ができる」
「もっと自分の専門性を伸ばせる」
という理由です。
こちらも場合によっては、一時的に給料が下がります。
でも長い目で見ると、大きなプラスになります。
能力が伸びれば自信がつき、大きな仕事を任されます。
収入だって、後から付いてきます。

ステップアップの転職なら、何回繰り返してもプラスです。
業界のパイプも強くなり、将来は独立だって見えます。
ただし自己満足でやるのは止めましょう。
客観的に見ても、ステップアップになっている事が大切です。

転職の時にはポイントがあります。

それは自分の能力の「市場価値」を客観的に評価すること。
これはとても意味のあることです。
アナタがその業界で「どれだけ価値のある人間か」を見極めます。
これにより、「その時点のアナタに相応しい職場」が見つかります。

実際に転職しなくても、2年に1度は「自分の市場価値」を見ます。
そうすれば、今いる会社での自分の立場が適正かわかります。
会社からの評価が低い場合は多々あります。

「自分はこれだけできる!」とアピールしましょう。

「市場価値」が本当にあるなら、頑張れば当たり前に出世できます。

それでも評価されなかったら、もう一度自分を評価しましょう。
その上で納得できないなら、ステップアップ転職を考えるべきです。